And I guess this must be...Infatuation
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Chappie日本公開に際するソニー・ピクチャーズの判断について考えた
チャッピーの日本公開が来月に迫っている。
年末くらいからとても楽しみにしていたがだ、
日本では配給会社が独自に編集したver.が上映されるという話があり、
少し残念に思った。

ソニー・ピクチャーズは、以下のような内容のコメントを発表している。
   より多くの人に見てもらえるように、
   映倫の指導をもとに、監督の許可を得た上で、日本向けに編集し直しました。

twitterなど見ていると、監督は日本独自ver.の編集を知らなかったらしく、
ネットでは、日本独自版に監督の許可があったのか無かったのか、そこも話題になっている。
監督の許可の有無は配給会社の信用問題だし、それも気になるが、
もっと興味を惹かれたのは、
日本向けに編集し直すことで、本当により多くの動員が望めるのか?という点。

暇なので、ちょっと考えてみた。

ソニー・ピクチャーズのコメントには、正式にはこのような文がある。
「(全略)より多く幅広い層のお客様にご覧になっていただくため(以下略)」
 ! 全文が読みたい方はググってください。

チャッピーは、PG12だ。
今回、配給会社が映倫の指導により、より幅広い層へ映画を配給する為に日本独自の編集を施した、という情報から、
オリジナル版は映倫からR15を指定されたと仮定して話を進める。

PG12は、(12歳以下に対して保護者による指導が必要だが、)視聴の年齢制限はない。
つまり、だれでも見られる。
一方でR15は、15歳未満は視聴禁止。
つまり、15歳以上しか見られない。
だからR15ではなくPG12にすることでターゲットの母数を確保する、という考え方は、
商業的に至極当然だと思う。

ここで考えたいのが、チャッピーの視聴層と、年齢についての関係だ。
チャッピーのターゲットがどの年齢層にあるのか、私は知らないが、
配給会社がつけたキャッチコピーは以下の通り
『第9地区』監督が描く人工知能「AI」
真っ先に、監督について触れている。
「AI」の映画である、という内容よりも、監督を重視しているこのキャッチコピーから、
配給会社が監督のネームバリューに期待していることが推測できるのではないだろうか。

ここまで、個人的な考えや勝手な仮定をいれて文章を書いてきたが、
ここからはさらに個人的な意見が加速。

第9地区は、個人的には面白スプラッタSFに分類している。
暴力を含めて、決して快いとは言えない描写がたくさんあるが、とても面白い。

あの映画が好きな人の中で、15歳未満の割合がどの程度あるのだろう。

チャッピー観たい!けど15歳未満だから観に行けない。。。
という人と、
チャッピー観たい!けど、あの監督が好きなのに、
監督が編集したオリジナル版が観られないのであれば、観に行かない。。。
という人と、どちらが多いのだろう。
 ! まぁ、どちらにしてもボリュームゾーンではないと思うけど。

個人的には、
日本独自の編集をしてPG12にするより、
オリジナル版をR15で上映した方が興業は良くなるのでは?
と思っている。
しかし、ソニー・ピクチャーズがPG12を優先したということは、
そっちの方が儲かるんでしょう、きっと。

でも、私はオリジナル版が観たいぞ!

 ! ちなみに、チャッピーはプロモーションイメージも、予告編も、アメリカと日本で異なっている。
 ! 日本の予告編のラストでチャッピーが犬をなでる「心温まるシーン」があるが、
 ! オリジナルの予告編にはそんなシーンはない。
 ! こうしたプロモーションを含めて、日本の市場に商品を適合させるのは当然だけど、
 ! 映画好きなら、監督の想いが詰まった作品を観たいと思うのも、また当然。
スポンサーサイト
© Don't be scared.... all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。